本文へ移動

CPM®(米国不動産経営管理士)

CPM®(米国不動産経営管理士)って何だろう?

CPM®はどんな資格なのか?

CPM®(Certified Property Manager: サーティファイド・プロパティ・マネージャー)は、IREM(全米不動産協会:本部はシカゴ:日本支部はIREM JAPAN)が管理している資格であり、米国では80年以上の歴史があります。プロパティ・マネージメント(資産管理)を行う為の資格で、日本語で言うなれば「不動産経営管理士」となります。プロパティ・マネージメントの「最高峰の資格」と言われており、世界十数か国で普及しています。
 
米国では「不動産を買う前に優秀なCPMを買え3つのびっくりマーク(吹き出し)と言われているほどです驚いた顔
 
日本では、不動産業界で活かせる資格として国家資格である宅地建物取引士が有名です。しかし、世間では、不動産業界は怖い…不透明な部分が多い…そのような声をよく耳にします。また、変わりゆく時代…不動産業界もグローバル化されていく中で、国家資格だけで変化する時代に追いていけるのか…
 
CPM®は、不動産のプロフェッショナルとして業務に関する知識はもちろん、プロパティ・マネージメントの責務である「経営的管理」を学ぶことができ、顧客対して誇れるサービスを提供することができます3つのびっくりマーク(吹き出し)また、世界的に普及してきており、世界共通、業界のグローバルスタンダードを実現できる資格ですきらきら
具体的には、「オーナー(顧客)利益の最大化」の為に、様々な指標(不動産投資評価手法、DCF法など)を分析し、運用計画書やマネージメントプランを作成し「価値の最大化」を図ります点滅している星
 
資格取得には、一定の実務要件を満たし、IREMが定める教育課程(約半年)を履修し、2日間(15時間)に及ぶ最終試験(MPSA試験)に合格する必要があります。
 
宅地建物取引士のような独占業務はありませんが、「オーナー(顧客)利益の最大化口を広げてにっこりした顔」を目的に、倫理やコンサルティング業務を幅広く学び深い知識が得られる資格です。また、多くの同じ志を持った同期やホルダーの皆さんと交流することができ、県内のみならず全国各地に仕事の幅が広がりますいいね(手のひらが手前)
 
ここでは、各科目(必修科目)を簡単に解説しておきます点滅している電球
 
①不動産管理士のための倫理(ETH800)
②不動産管理士のための財務計算と戦略の理解(FIN402)
③不動産のメンテナンスとリスクマネジメント(MNT402)
④不動産管理士のための人材管理戦略の開発(HRS402)
⑤不動産管理士のためのマーケティングとリーシング(MKL405)
⑥不動産資産の融資と評価方法:第1部(ASM603)
⑦不動産資産の融資と評価方法:第2部(ASM604)
⑧不動産資産の融資と評価方法:第3部(ASM605)
⑨CPM®検定
⑩MPSA試験(最終試験)
 
※IREM JAPAN 公式HP

①不動産管理士のための倫理(ETH800)

まず最初に学ぶのが「倫理」です。IREMは、不動産管理の職業団体として、不動産業界のあらゆる領域と協力し、一般社会の利益を守り高めようとしています。そこで、不動産管理の専門家の正直さ、誠実さ、専門家としての意識、能力に対する一般社会の信頼度を高め、維持するために、「倫理規定」(序文から始まり14の条項)を定めています点滅している電球 メンバー(会員)はこれを遵守しなければなりません。倫理規定に反した場合は厳しい罰則(懲戒措置)も設けれています。授業では、様々な事例を用いて各自の考えを問われます。。汗 また、ホルダーからの声を聞くこともでき、不動産業界に従事するものとしての「基本」を再認識させられる科目です動揺した顔

②不動産管理士のための財務計算と戦略の理解(FIN402)

FIN402では不動産管理における財務知識を幅広く学びます文書不動産管理士として、オーナーの目標(それぞれで違うので、正確なヒアリングが求められる)を達成する為に物件の長期的な計画(予算や財務など)を立てなければなりません。予算、キャッシュフロー、運営費、収益性、市場価値、融資(ローン)…様々な分析をします不安そうな顔そして、多くの指標(GPI、NOI、ADS、BTCF、LTV等々)を勉強します水滴 
また、ここでは金融電卓(10BⅡ)の使い方も学びます3つのびっくりマーク(吹き出し) この金融電卓…少し使い方はややこしいですが、かなりの優れものです。(笑)
オーナーの利益を最大化するには、「物件の価値」を上昇させなければなりません。
この科目は、CPM®知識の基本となるので非常に重要な科目と言えますびっくりマーク(破裂)

③不動産のメンテナンスとリスクマネジメント(MNT402)

物件にはどのようなリスクが存在するでしょうか?そのリスクにどのようにアプローチしていくか困り果てた顔
不動産管理士として、「オーナーの目標」を達成させるには適切な「物件維持(管理)」は不可欠です。
現状の運営費は適切か、管理のプログラム(マニュアル)は確立されているか、各設備の特徴は理解しているか、起こった問題(リスク)はいつ改善(緊急性が高いのか)するのか…
管理士は物件をよく分析予見することで、最適な対処(アプローチ)しなければなりません。
MNT402では、物件に関する細かい知識も学ぶことができますからかった顔グループに分かれディスカッションもしますいいね(手のひらが手前)
「物件の価値」を上げるにはメンテナンスとリスクマネジメントが非常に重要だと気づかされます点滅している電球

④不動産管理士のための人材管理戦略の開発(HRS402)

2019年 IREM JAPAN 先原会長
物件を優良に管理するにはチーム(いわゆる管理会社)の結束が必要です1(王冠)管理士はチームをまとめるために「リーダー」でなければなりません。そのためには、自己の能力向上はもちろんですが、メンバー(部下や同僚)のスキルアップに寄与しなければなりません。コーチングサポートなど「リーダー」に必要な考えや具体的行動を勉強します音符また、人事計画や募集・選考、メンバーの評定なども学び、一般企業で言う総務的な要素も含まれている科目です点滅している電球

⑤不動産管理士のためのマーケティングとリーシング(MKL405)

物件の価値を上げるには、自身の物件がどのような市場(状況)にあるのか知らなければなりませんギクッとしたマーク
基本的な経済状況から、市場を分析(人口、基幹産業、物件数、競合物件、家賃帯など)し現在の位置づけを把握します。販促戦略(マーケティングプラン)を立て実行し、如何に契約に結びつけるか具体的な行動策を学びます点滅している星また、既存入居者の保持(テナントリテンション)についても学び、不動産に関するマーケティング・リーシングについて深く理解ができてきますきらきら

⑥不動産資産の融資と評価方法:第1部(ASM603)

このASM603に入ると学びも終盤に差し掛かり、学びの難易度が1段階上がるような気がします青ざめた顔
表題の通り、主に「融資」について学びます点滅している電球オーナー(顧客)の多くは金融機関からの融資を受けて物件を所有していると思います。金融機関から見る考えなど、学びはより深くなります。ここでも、また新たな指標が出てきます…(笑) 不動産投資によく出てくる「レバレッジ」も出ますギクッとしたマーク 数字と電卓と格闘する時間です不安そうな顔
 

⑦不動産資産の融資と評価方法:第2部(ASM604)

ASM603の続きの科目となりますメガホン ここではファイナンス(投資)に関する理論が出てきます…かなり頭を悩ませる時間です不安そうな顔
貨幣の時間的価値から入り、これまで学んだ指標を活用して市場価値・投資価値を算出します汗 最終的に「オーナーの目標」を達成しているかの秤となる指標も勉強しますギクッとしたマーク 頭をフル回転させ、かなり疲れる授業ですがCPM®の醍醐味とも言える科目です色とりどりのきらきら

⑧不動産資産の融資と評価方法:第3部(ASM605)

ここは授業としては最後の科目となります驚いた顔 最後の総復習といった感じです。これまで学んだ指標をおさらいした後に、多くの問題(事例)を分析していく内容です点滅している電球しかし、ASM603から一気にここまで来た感じがるので、ゆっくり復習ということではなく、理解をするのに必死で、あっという間に時間が過ぎた感じでした動揺した顔(笑)

⑨CPM®検定

全ての授業を終えると、CPM®検定となります。これまで、授業学んだこと(販促とリーシング・人事・法律と危険管理・メンテナンス・金融と資産管理)を制限時間4時間以内に150問(四択:マークシート形式)解く内容です汗 合格点は7割以上(足きり科目あり)となります。ペース的には宅建の試験より速いペースで解く必要があります不安そうな顔 1問当たりの難易度はそれほど高くはありませんが、時間との勝負で何より集中力が必要です…終わった時は疲れが凄いです青ざめた顔

⑩MPSA試験(最終試験)

MPSA試験終了後、同期と一緒に記念撮影☆
いよいよ、最終試験のMPSA試験びっくりマーク(破裂) 試験内容は論文形式。与えられた問題(条件)を分析し、オーナーの目標(利益の最大化)を達成するために、どのようなアプローチをするのか、その結果(目標は達成されるか)はどうなるのかをレポートにまとめて提出します。試験では、これまで学んだ知識を問われるのはもちろんですが、論文形式ですので、文章力(如何にオーナーにわかり易く伝えるか)も必要です汗
 
1日目は9時~17時(ランチ休憩1時間あり)
2日目は9時~17時(ランチ休憩は自由)
 
合計15時間3つのびっくりマーク(吹き出し) 特に2日目はランチ休憩は一応自由ですが、そんな時間は取れない状況なので軽食が用意されています。(笑)
合格点は1000点満点中700点以上(足きり科目あり)
本当に疲れます…当然ではありますが、最後の山場となる試験でした青ざめた顔

⑪教育課程(カリキュラム)を終了して…

教育課程(カリキュラム)を終了して…
 
本当に多くの内容を学びました。また、知識のみならず、同じ志を持った仲間(同期)に出会えたことも財産ですきらきら
 
初めにも記載していますが、不動産業界は怖い…不透明な部分が多い…そんな声をよく耳にします。
正直、宅地建物取引士(国家資格)だけでは業界の秩序は保てないのかもしれません…
 
CPM®は顧客本位のサービスを提供する為、自分自身のスキルアップはもちろんですが、仲間(ホルダー)と一緒になって業界を更により良くしていける資格です。オススメ(オレンジ)きらきら
今後もこの資格が全国そして世界各地に広まっていくことを願っていますきらきら
 
株式会社CITV大分
〒870-0047
大分県大分市中島西1丁目7-14
TEL.097-574-6890
FAX.097-574-6891
0
1
0
0
1
3
TOPへ戻る